朝日野球チーム

偉大なる勝利

それが成し遂げられると信じていた人々はほとんどいなかった。しかし、朝日クラブは歴代チャンピオンの地位を確立した。1919年から1940年の間に市のタイトルを10回勝ち取って、チームはバンクーバー・リーグのリーダーとなった。「頭脳プレイ」を駆使し、朝日は当時、バンクーバーの大柄で強打の対戦相手を打ち負かし、その当時最も人気のあるチームとなったのである。